お浸し

お浸し

茹でない、アク抜きなし、新しいお浸し

既存のお浸しは、たっぷりのお湯で茹で、水で冷ましながらアク抜きをしてから出汁に浸す、
という水が豊かな日本ならではの調理工程でした。
一方ユニコン・クックで作るお浸しは、茹でずに短時間で加熱し、アク抜きも不要。水をほとんど使わない全く新しいお浸しです。栄養の損失が少なく、色鮮やかでシャキシャキと食感の良い仕上がりになり、退色も抑えられます。

お浸し レシピ

    材料

    • 季節の野菜

    作り方

    1. 野菜を切り分け、天板に並べる

    2. ユニコン・クック焼きモードで加熱する。(ほうれん草:30秒、芯とり菜:1分30秒、ゴーヤ・大根:2分)

    3. 粗熱を取り、調味液に浸ける