9月14日ランチ!鮎の巻き寿司、タコ飯、春菊の味噌汁、鮎の甘露煮、温野菜

今日のランチは、鮎の巻き寿司、タコ飯、春菊の味噌汁、鮎の甘露煮と温野菜でした。

なんと天然鮎を釣って送って下さった釣り名人がいらっしゃるとのことで、お料理ふるまいました~。

Ⅰ.鮎の巻き寿司

dsc02530

これは、鮎の塩焼きと甘露煮を巻いたものです。中身はアボカドとキュウリは生で、椎茸とかんぴょうは前日に煮て、酢飯を作って巻き巻き。細いのにも鮎を一匹。この時期の鮎は絶品です!小鮎はこの時期にしか食べられない貴重な逸品。万能調理器で作ると臭みもないし、美味しくできます。卵焼きは日本料理から社長が教えてもらった秘伝の焼き方と味付けで、これまた絶品です。これはガスコンロで作ります!

 

炭水化物ばかりでしたので、皆様お持ち帰りしていました~。実は翌日も美味しく食べられるのでこれもすごいですよね!!!

 

Ⅱ.タコ飯

dsc02532

生のタコを買ってきて、スライスしたら1分ほど万能調理器にかけます。タコは水分が多いので水分がでてきますが、これも一緒にご飯と炊きます。しょうゆにみりんに萱乃屋のだしにしょうがをいれます。タコの臭みがないのでしょうがは味のパンチづけにために入れます。シソを千切りにして万能調理器で30秒ほど過熱してご飯の上にかけたら出来上がりです。海苔もあいますよ。

Ⅲ.鮎の甘露煮

dsc02529

塩焼きした鮎をしょうゆ、みりん、酒を黄金比で深皿に入れて万能調理器でホイルで蓋をして過熱します。そのあと、鍋に移してくつくつと適度に煮詰めて最後に山椒の粉を入れて再加熱したら出来上がりです。

春菊の葉をとって、万能調理器で1分過熱してカボスを切って、添えたら出来上がりです。

 

Ⅳ.春菊の味噌汁

dsc02531

 

エリンギのを万能調理器で過熱して赤出汁の味噌汁を作って、椀に盛れば出来上がりです。萱乃屋のだしは添加物フリーなのですごく美味しい味噌汁ができます!

 

Ⅴ.温野菜

とうもろこし、レンコン、オクラ、パプリカ赤黄をそれぞれ万能調理器で過熱します。

とうもろこしはさやをつけたまま、深皿に水を張って、その中に鉄板を入れて、とうもろこしを入れて5分でできます。生っぽければひっくり返して追加で過熱します。

さやがついていると焦げないですし、ひげから蒸気が流れて、あまーいとうもろこしを作ってくれます!これはすごいです。

レンコンは2分ほど、オクラとパプリカは1分ほどで十分です。ドレッシングやマヨネーズがいらない温野菜。どれも甘くておいしいです!