8月15日ランチ!夏野菜ちらし寿司、カレー風味丸ごとズッキーニの肉詰め、ガスパチョ

本日のランチメニューは、夏野菜ちらし寿司とカレー風味丸ごとズッキーニの肉詰め、ガスパチョとちょっと凝った料理にチャレンジ!というのも、いつもお誘いしている同じビルの会社が1社夏休みなので人数が減ったということもあってです。

 

Ⅰ.夏野菜ちらし寿司

昆布を入れて酢飯を作ります。夏野菜はトマトと、枝豆、レンコン、パプリカ、コーン、なすをチョイス。これらを適度にカットして過熱調理します。1分くらい。コーンは房ごと4分調理器で湯煎するだけでぷりっぷりのあまーいコーンができます。これを包丁でそいで使いました。

とにかく野菜が甘い!調理器ならではの激ウマちらし寿司ができましたよ。

Ⅱ.カレー風味丸ごとズッキーニの肉詰め

夏野菜といえばズッキーニということで、ズッキーニを縦半分に切って中をくりぬきます。ここに牛豚合いびき肉とニンニク、カレー粉、塩など入れて、さらにズッキーニの中身もみじん切りにしてこねながら混ぜます。ハンバーグと同じです。レシピだと、薄力粉をズッキーニにまぶすとありますが、過熱調理器にかけた米粉をまぶして肉を詰めます。上にとろけるチーズにパセリを乗せて4分ほど調理器で焼いたら出来上がりです。簡単!でも豪華に見えます。ズッキーニも皮がとっても柔らかくなるのでお箸で十分切れました。油なしですからね。本当は220度のオーブンで20分も焼かないとできないんですよ。

Ⅲ.ガスパチョ

ガスパチョといえばスペインでしょうか。材料は、トマト、キュウリ、赤パプリカ、にんにく、玉ねぎ、おから、塩、白ワインビネガー、はちみつです。

まず、トマトの湯剝きをしたいので、1分調理器で過熱します。あっという間に湯剝きでちゃいます。赤パプリカとキュウリ、玉ねぎはざく切りします。にんにくはみじん切り。おからと混ぜてフードプロセッサーでがーっとかけます。塩やワインなどで味付けしてさらにがーっとかけて、ざるでこします。これを過熱調理にかけて冷まします。トッピングにキュウリとパプリカを小さく角切りして乗っければできあがりです。

すごく甘くなるのではちみちはほとんどいりません。