8月5日ランチ!おくらとごぼうの炒め物、かまぼこ、鳥胸肉の唐揚げ風、漬物、赤だし味噌汁、黒千石の赤飯

本日のランチメニューは、おくらとごぼうの炒め物、かまぼこ、鳥胸肉の唐揚げ風、漬物、赤だし味噌汁、卵焼き、黒千石の赤飯と品目数多めですが挑戦してみました。

Ⅰ.黒千石の赤飯

おにぎりも作りましたよ。

DSC02413

こちらは、ビルのオーナー会社へ差し入れ弁当にしてお届けしました。

黒千石を10分過熱して、ゆで汁が冷めたら、もち米に、酒、梅干し、黒千石、ゆで汁を入れて炊けば出来上がりです!

何とも言えない優しい味です。

Ⅱ.おくらとごぼうと、豚肉の炒め物

ごぼうも、オクラも、豚肉も別々に過熱して調味料を作って混ぜ合わせるだけです。調味料はしょうゆとみりんと酒などで。

ごぼうも泥臭さもあっという間に消えます。

Ⅲ.かまぼこ

カマスの蒲鉾です。骨や皮や血合いなどとってフードプロセッサーにかけて、塩こしょうします。ユニコン・クックで作った米粉を混ぜると、ちゃんとくっついで蒲鉾になりました。

DSC02411

長細いケーキ型に入れて湯煎してみると上記のようなきれいな蒲鉾になりました。

Ⅳ.鳥胸肉の唐揚げ風

胸肉を一口大にカットして、塩コショウ、米粉をつけて焼いたものです。簡単ですが、胸肉特有のボソボソ感がありません。

 

Ⅴ.漬物

白菜、キュウリ、ニンジンを軽くユニコンクックで過熱して塩味系の調味料を作り混ぜるだけでできます。

 

Ⅵ.赤だしの味噌汁

だしには萱野だしと、えのき氷を使用しました。具材は春菊のみ。

 

Ⅶ.卵焼き

かまぼこと同様の細長型に溶き卵を流し込んで、湯煎で過熱すると簡単にふわふわ卵焼きができます。