鮎料理第一弾!~塩焼き&天ぷら~

鮎が旬の時期。今日は塩焼きと天ぷらを作りました!

当社では釣り好きの社員が新鮮な鮎をたくさん釣ってきてくれるため、まかないに頻繁に登場しています。

まずは塩焼き。

内臓は取り除かず塩をふって丸ごとユニコン・クックで10~15分ほど焼きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に天ぷら。

こちらはかわいい稚鮎です。ユニコン・クックで1分加熱してから、衣をつけて油で揚げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塩焼きも天ぷらも、川魚独特の臭みが一切なく、肝のえぐみも和らいて丸ごとおいしく食べられました!鮎の良い香りが引き立っています。

魚や肉の生臭みが大幅に軽減されるのがユニコン・クック調理の大きな特徴のひとつです。